仮想通貨IOTAコインの価格高騰 理由と最前線情報をホリエモン 池上彰よりわかりやすく解説!walletは日本で作れる?

仮想通貨IOTAコインの価格高騰 理由と最前線情報をホリエモン 池上彰よりわかりやすく解説!walletは日本で作れる?

素人が仮想通貨で稼ぐ方法を限定公開中 →https://line.me/R/ti/p/%40bry1886j
仮想通貨に詳しくなり安定的に稼ぎたい方↓
https://valuclouds.net/l/u/5wnC_zoMKO0

ぜひ両方受け取ってください↑

▼12/7 IOTA高騰関連情報動画
IOTA – Price Explosion, whats going on??(英語)

【必見】IoT特化通貨IOTAがビジネス・社会を変える可能性
https://youtu.be/w5g6um-Wa-Y

【必見】IoT特化通貨IOTAがビジネス・社会を変える可能性
https://youtu.be/w5g6um-Wa-Y

仮想通貨、IOTAの高騰理由

12月2日から12月6日の4日間で159円台であったIOTAの価格が最大503円にまで上昇しました。
一時リップルを抜き去り、時価総額4位まで上り詰めました。
初期からほとんど大きな値動きがなかったIOTAがなぜこのような動きを見せたのか
真相を分析しました。

仮想通貨高騰の理由は、将来性にあり

投資家というのは、将来伸びる可能性があると感じた投資対象に投資するものです。
株でもそう、何か新しい技術や商品を開発し、投資家がその商品に将来性を感じると株価は上昇します。
FXも同じで、法律の制定や国家予算等でその国の通貨の信用が上がったときに価格は上昇します。

仮想通貨も、考え方は基本的に同じです。

仮想通貨、中でもアルトコインは、
ブロックチェーン等を利用したサービスと、そのサービスに株券のような形で通貨があるというイメージを持ってください。
つまり、通貨ありきで始まったものではなく、あくまで通貨はそのサービスのバロメータであるということです。
なので、その技術やサービスに対する期待値というのが、その通貨の価値に反映されます。

では今回、IOTAの何に期待が集まったのでしょうか?

IOTAはInternet Of Things(通称:IOT)、もののインターネットという技術に関するセキュリティとコスト問題を解決することを目的とした技術です。
通貨単位もIOTとなっており、そのまんまですね。

IoT自体にまだあまり馴染みがないかもしれません。
たとえば、冬、外出先から帰宅中に、家のエアコンの電源を入れられたら便利ですよね。
そういう技術のことをIoTといいます。

IoT関連の商品を使うには、電気代と別にインターネット通信料がコストとしてかかります。
これにIOTAを使用することにより、無駄な手数料がすべて必要なくなり、低コストでインターネット上の情報を獲得することができるようになります。

ここまではあくまで触りの部分ですが
IOTAについては別の動画でも深くご説明していこうと思いますのでそちらもチェックください。

IOTAに期待が集まった直接的な出来事

IOTAはそのIOT技術で、11月末ごろから、複数の超大手企業との提携を成功することができました。
富士通、マイクロソフトなど、日本でもおなじみの企業ばかりです。
この提携により、IOTAの技術とその技術への期待が世界中へと広がり、
今回の高騰へと繋がったということですね。

このような有名企業が提携するということは、とんでもない技術なのではないか、と投資家がIOTAへの期待を上げたわけですね。

今回のように、何かニュースがあった後には必ず大きな値動きがあります。
仮想通貨のデイトレードで儲けている人は、常にこういった情報を監視しています。
一発当たれば億万長者も夢ではない、仮想通貨。
今は無名な通貨を少額で少しずつ摘んでおくのも、いいかもしれませんね。

仮想通貨 最前線カテゴリの最新記事