仮想通貨(ビットコイン)は長期投資に有望か?注意点・おすすめの運用方針について解説!【投資編10】

仮想通貨(ビットコイン)は長期投資に有望か?注意点・おすすめの運用方針について解説!【投資編10】

ビットコインをはじめとする仮想通貨は長期的に見れば価格が上昇する可能性が高いため長期投資する価値があると考えられます。「100倍になるかもしれないビットコインを持っていない」という機会損失を回避するためにも少しぐらいは保有した方がいいと思います。

★仮想通貨が長期投資に向く理由
①ファンドの資金が流入するから
ファンドの莫大なお金が仮想通貨に流れ始めていて、今後のこの傾向はつづくと考えらます。莫大なお金が流入することで値上がりが期待できます。
②市場規模がまだ小さいから
仮想通貨の市場規模は株式市場の200分の1です。つまり、株式市場のわずか0.5%の資金が仮想通貨に流れるだけで仮想通貨の価格は2倍になる可能性があります。
③発行量が決まっているから
4年に一度発行量が半分になります。(半減期)2140年には発行が終了すると言われており、現在すでに総発行量の85%が発行済みだと言われています。つまり、あと15%しか発行余地がなく、これからますます希少価値が高くなると考えられます。このように、インフレに強い仕組みになっているため、金などのようにインフレ対策としても有望視されています。

★注意点
①価格の変動(ボラティリティ)が大きい
1日に5%程度値動きがあることも珍しくないです。値動きに耐えられる程度の額だけ保有するようにしましょう。
②最後には大暴落する(ラストデイ)
ビットコインの90%以上を1%未満の人が保有しています。彼らが一斉に売り出すと大暴落すると言われています。ただし、ラストデイがいつなのかは誰にも分かりません。「長期で見れば価格は上昇するが、最後には大暴落するため、それまでには売らなければいけない」というチキンレースです。

★おすすめの運用法
①資産全体の2%程度保有する
2%程度なら大暴落しても他の98%の資産でカバーできるため被害は最小限で済みます。一方、少なすぎるとビットコインが暴騰してもあまり恩恵を受けることができません。100倍になったらインパクトが大きいけど、100分の1になっても問題がないのが2%程度なので、ビットコインを資産全体の2%程度保有するのがおすすめです。
②定期的にリバランスする
ビットコインを2%保有していたとして、その後価格が2倍になったすると、ビットコインの保有割合は2%よりも大きくなります。すると一部を売って保有割合を2%に戻すように調整します。これをリバランスといいます。リバランスによって機械的に高値で売って安値で買うことができるだけでなく、定期的に売ることができるためラストデイまでに元本分ぐらいは回収することができる可能性が高まります。

以上仮想通貨についての投資について興味がある方にとって参考になれば幸いです。
質問などがあればお気軽にコメントください!

(参考)
「目的に応じた投資をしましょう」という動画
https://youtu.be/rzb8ebCsxuA

仮想通貨 投資カテゴリの最新記事