中国 ついに本気で仮想通貨ビットコイン排除へ? ファーウェイのデジタル人民元スマホの革新性

中国 ついに本気で仮想通貨ビットコイン排除へ? ファーウェイのデジタル人民元スマホの革新性

▶︎あらすじ
一体なぜこの時点で…。

中国政府系メディアの人民日報が、11月3日、中国人民銀行の見解に基づいて仮想通貨の売買サービスを提供することは違法と解説する記事を掲載した。これまで「グレーゾーン」と言われてきた中国仮想通貨取引の主戦場であるOTC(店頭)取引が違法と示唆する内容を、現時点で政府系メディアが報じる背景には何があるのか?

伏線がなかったわけではない。

先月、中国仮想通貨(暗号資産)取引所OKExが出金を停止。創業者のミンシン・シュー氏(スター・シューとしても知られている)が中国の警察に拘束されていると報じられているが、いつ釈放されるのかは未定だ。

一方、順調なのは中国のデジタル人民元の開発とテストだ。

昨日、中国人民銀行の易綱総裁は、これまでデジタル人民元の取引回数が400万回以上を超えており、テストが順調に進んでいると明かした。そして先週末には、ファーウェイが「デジタル人民元ハードウェアウォレット」搭載のスマートフォン「Mate40」を発表した。

龍門キャピタル日本代表のサニー・ワン氏は、中国においてビットコイン(BTC)など仮想通貨とデジタル人民元の間で明暗が大きく分かれ始めているかもしれないとみている。今回の人民日報の報道内容に加えて、今後の中国政府の仮想通貨に対するスタンスはどうなるのか?ワン氏が詳しく解説する。

ファーウェイのデジタル人民元スマホ
先述の通り、ファーウェイが「デジタル人民元ハードウェアウォレット」搭載のスマートフォン「Mate40」を発表した。今までデジタル人民元はアプリを通じて試験的に運用されてきたが、ファーウェイのスマホはどんな違いをもたらすのだろうか?

ワン氏は、ファーウェイのスマホが中国全土へのデジタル人民元普及に向けたきっかけになるかもしれないとみている。

▶︎コメンテーター
龍門キャピタル日本代表 サニー・ワン

2011年からブロックチェーン業界に身を置きBTC、ZCASH、EOSの初期投資家として参加。それ以外に様々なプロジェクトに投資。主な投資先としてANEX株式会社 http://anex.jp、安橋株式会社 http://anqiao.jp、EOSLAOMAO、http://eos… http://coinjinja.com などが挙げられる。

▶︎最新の動画一覧
「中国の夢」がデジタル人民元の足かせ?深まる米中対立で追い詰められるのは中国か https://youtu.be/U9MCcs5PLxI

雰囲気変わった?仮想通貨の新規上場、日本で増加【仮想通貨週間ニューストップ3】

仮想通貨ビットコインどうなる?香港で外貨制限の噂も

4連休初日に上昇 仮想通貨ビットコインは沈黙を破ったのか?

仮想通貨の未来も占う?中国の香港政策で世界が分裂

▶︎コインテレグラフに関するさらなる情報はこちら

コインテレグラフ日本版の公式ホームページ:
https://jp.cointelegraph.com/

コインテレグラフ日本版の公式LINE:
https://lin.ee/B9Az9xf

コインテレグラフ日本版の公式Twitter:

コインテレグラフ日本版の公式Facebook:
https://www.facebook.com/Cointelegraph

コインテレグラフ日本版の公式テレグラムはこちら:
https://t.me/CointelegraphJp

#ビットコイン#仮想通貨#デジタル人民元

仮想通貨カテゴリの最新記事